PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD

【書評】モオツァルト・無常という事、小林秀雄、新潮文庫/美は、対象を美しいと感じる心そのものかもしれない。

 




「モオツァルト・無常という事」を読んで。



難しい。小説を普段から読まないので「尚更に」

全然理解出来ませんでした。と言うのが個人的な感想。



全体を通して、「美について著者の考えが書かれた本」というのが個人的な理解です。。



読後、自分も美について色々と考えてみました。


結論。


「美は、もしかしたら存在しないかもしれない。」



美にはいくつか種類があって、グランドキャニオンのような自然による造形や、芸術的な美建築構造などの造形美、一生懸命な生きざまなどの精神美、など、、美の形式は一様ではない。



しかし、美について共通して言えることは、人間が体の器官を通して感じる感覚のひとつでしかない。という事。



実際にグランドキャニオンは必ずしも美しくないし、芸術的な美や精神美さえそれを美しいと感じるかどうかは人による。



実際に美は存在するが、それはグランドキャニオンが美しいからではない。美の対象を見た人間の中に存在する感覚そのものが美の正体というのが妥当ではないでしょうか。



もし、そうであるなら、美とは対象となるものを美しいと感じる心。かもしれません。




「美とは現実にあるひとつの抗し難い力」、「美は人の行為を規正し、秩序づけることによって、愉快な自由感を与えてくれて然るべき」など、著者は本書でこのように語っています。



わたしにとっては、本書で語られる美についての論理的に核心をついた言葉の数々が、美について新たな知見を与えてくれる一冊となりました。



みなさんもモーツァルトを聴きながら、本書を読み、美について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

面白い発見があるかもしれません。是非、ご覧ください。





(蛇足)

私事ですが、最近ピアノソナタが好きで辻井伸行さんや反田恭平さんのベートーベン、リスト、モーツァルトなどを聴いていました。



クラシックを聴くメリットとして集中力が高まるということは一般に広く知られてきていると思いますが、前葉体賦活系(RAS)の働きが活発になる感覚を体感(個人的)できます。



無印BOOKという無印良品セレクトの本屋さんで偶然見つけて即購入&読了(全然理解できてませんが、、、)


表紙の、音の旋律を表すかのようなグラフィックデザインも素敵です。



読んだ後も飾って楽しんでみてください。


最後まで、読んでくださってありがとうございます。





【書評】デザインの学校 これからはじめる Illustrator&Photoshopの本2021年最新版、素人がデザインを作ってみた





2021年版Illustrator,Photoshopの使い方入門。


やさしそうな表紙のデザイン通り、初心者のためにわかりやすく作られたイラストレーター、フォトショップの本です。


初めてIllustrator,Photoshopを使う人にオススメ。

Windows,Macどちらも対応。



本に書いてある通り操作していくだけで、イラストレーターとフォトショップの基本的な操作が身につきます。



ファイルの作成から保存、図形の作成や下絵の読み込み、写真の一部を消したり、足りない部分を増やしたり、一部を切り抜いて色を変えたり、一章ずつ技術を習得できるようになっています。



各章で作成したものを一つのカタチにレイアウトするところまで収録。



一通りの操作を覚えて応用すれば、基本的なことはIllustrator,Photoshopで出来るようになります。



趣味から始めて、上達していけば仕事にも繋がる技術です。



デザインや編集に興味がある人は是非読んでみて下さい。




 

試しにグラフィックデザインを作成してみました。

自宅で育てているシェフレラという植物のスケッチを下絵として読み込み、色と線を変えて抽象的な感じに編集。


イラストの作成などまったくの初心者で初めて行いましたが、とりあえずそれなりに形になったのでは、、と。


A4サイズで作成したので印刷して額縁に入れてみようと思います。




このデザインが良いか悪いかは別として、こんなことが出来ますよという例題としてご紹介致しました。


アイデアを形にする技術。色々と夢が広がりますね。





とても分かりやすい本なので、どうぞご覧ください。

最後までありがとうございました。




【書評】時間と空間を操る「量子力学的」習慣術、村松大輔、サンマーク出版/自分を「大事に」「生かす」こと、と持続可能性


多くの研究や実験によって、時代と共に様々なことが分かってきています。

 空気は目で見ることは出来ませんが、確かにそこに存在しています。

目に見えていないけど、存在しているたくさんのこと。




量子力学の基本的な構造と応用による習慣術が本書の内容です。



人間の体は細胞で出来ています。


細胞のつくりをさらに細かく見ていくと、素粒子にたどり着きます。



素粒子のひとつに光子(フォトン)があるのですが、この光子の働きと仕組みについて本書でとても丁寧に解説されています。




感謝や祈り、自己肯定感、どれも人生に必要なものですが、量子力学との関係があったことを知って、今まで何となくしか説明が出来なかったことの構造を理解することが出来ました。



今までスピリチュアル的な扱いを受けていた思想や行動も、科学的根拠で説明がつく時代の訪れを感じます。



実際に本書を読んで

特に大事だと感じたポイント。



1.自分を生かす

得意なことで人、社会へ貢献。



2.自分を大事に
自分がやりたくないことをしないし、人にもさせない。



3.自身が喜ぶ形で存在し、喜びを広げる

自身がワクワクすることをして、周りへ広げる。



自分も、他者も幸せに。


色々と大事なことが書かれているのですが、重要なポイントは「すべての人が」、「自分らしく」というところではないでしょうか。このような価値観は、SDGsな考え方にも沿っていて、持続可能性も感じます。



量子力学の研究が、今まで以上に進んで、世の中の隅々まで浸透していき、世界が愛と感謝で包まれることを祈ります。



すべての人に読んでもらいたい本。


読んで、自分を大切にして、喜びを広げ、世界が幸せになりますように。



時間と空間を操る「量子力学的」習慣術/村松大輔/サンマーク出版



是非、何度もご覧ください。