PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 時間がないのはなぜ?時間についてもう一度考える

時間がないのはなぜ?時間についてもう一度考える

時間はたくさんあるし、何事も時間をかければかけるほど
良いとさえ思っていたかもしれません。

今までの私の話です。

ところが、どういう訳か
やろうと思っていることはいつまで経っても減らず
むしろ増えていきます。

今までの私と同じような思いをされている方へ
よろしければこれからご紹介するものを参考にされてみてください。




時間がない。

現代を生きる私たちにとって時間は大切である。

時間とは、

この世に生きているすべての者が持つものであり、

個人が所有するこの時間が0になったとき、それは死を意味する。

つまり、時間とは私たちの本質であるとも言える。


時間とは決して増えることはないし
生まれた瞬間から死へ向かって減っていく、
取っておくことはできないし、使おうが使わまいが、
過ぎ去りなくなってしまう。


それなのに私たちは無限にあるものだと錯覚してしまい、
必要以上に物事に時間をかけたり、しなくても良いことに
時間を使ってしまったりする。

これはとても深刻な事態であることを私たちはよく理解した上で、

もっと効率について学ばなくてはならない。



例えば、これから仕事に出かけるのにわざわざ片付けをしてから
家を出たりする必要があるかどうかもう一度考える。

片付けは夜やることが出来そうであれば、
朝片付けをする5分を読書や、仕事のことに回すことが出来るはずである。



このたかが5分を毎日積み重ねることで
大きな収穫を得ることに私たちは気付くはずである。


セットで出来ることとルーティンやを作ること
物事の順番を入れ替えたりすることでわたしたちは時間を捻出し、


人生をより良いものにしていくことが出来るはずである


自分自身が何に生きたいのか、よく考え、明確にする。




時間をかけてもやらなくてはいけない多くのこと
大義のために時間をかけることが必要ない場合もあるが、

それと同じくらい時間とは重要なものであることを理解し、


わたしたちにとって時間とはなにかをもう一度考える。