PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 死は私たちにとって正義か悪か

死は私たちにとって正義か悪か




現段階における死についての私たちの回答

私にとっての死

現時点で私にとって死は悪い、それは私が楽しみにしていることを奪われるからである。





例えば現在私は、仕事はもちろん、趣味としてのキックボクシング や、筋力トレーニングを楽しんで行なっている。

いまこの記事を書くこともその楽しみのひとつである。



ご飯は何を食べるかについて考えたり、明日着る服について考えておくことも苦痛ではなく、楽しんで行っているのだ。



楽しみについて挙げるとすればここには書ききれないほどある。


死んでしまうということはそんな楽しみをもう経験したり出来なくなってしまう。


したがって、現段階において死とは、わたしにとって数多くの楽しみを奪う悪いものであると言える。






そしてこれは私だけでなく、多くの人々にも当てはまるかもしれない。


少なくとも、死は私にとっては現段階では悪いものだと結論付けることが出来る。


わたしたちにとって死とはどのようなものか考える良い機会かもしれません。









【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...