PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 成果を出す仕組みを作る、最大限の成果の出し方

成果を出す仕組みを作る、最大限の成果の出し方


すべての事柄は原因と結果によって起こっていることである。



目標の達成=結果をだすには、まず仮説を作り、

スケジュール通りこなすということは、検証することである。

仕組みづくりと成果を出すということはセットで考えなくてはなりません。


スケジュールは目的を明確にしておくと良いでしょう。

例)12時からジムでトレーニング→12時にはジムに到着し、大胸筋を鍛える。

など具体的な目的まで明確にしておきましょう。

出したい結果から逆算した具体的なスケジュールを決めることで、

あとは実行、分析を行うだけで良いのです。








睡眠を人生の中心へ

時間管理の上手くいかない人は、睡眠時間を削る場合が多いかもしれません。

睡眠は人間にとって最も重要なスケジュールだと私たちは認識しなければなりません。

睡眠を犠牲にしてやることはそんなにありません。

睡眠をスケジュールに書き込み、残った時間で仕事やほかのことを行います。






お金よりも時間を優先する

どんな人にも人生の時間には限りがあります。

私たちに残された時間はあとどれくらい残っているでしょうか。

やりたいことや、やらなくてはならない多くのこと

それらを成し遂げるには時間がすべてです。

必要なら時間をお金で買うことも重要です。





仕事はまずちょっとだけやる

仕事は取り掛かりまで時間がかかります。

気が付くと締め切りは目前で、大慌てになってしまう。

私たちは様々な言い訳を付けて、伸ばし伸ばしにすることで、

結果的に時間を失ってしまうのです。

そこで効果的なものが、ちょっとだけやるというものです。

まず着手してしまうことで、勢いがつくことが多いはずです。

こうして少しずつ前に進んでいくことで、わたしたちは遠く離れた目的地にもたどり着くことが出来るでしょう。



最大限の成果を目指し、目的とスケジュールを意識した人生を私たちは歩き出します。



【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...