PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: キックボクシングの始め方、ジム選びとかかる費用や必要な道具

キックボクシングの始め方、ジム選びとかかる費用や必要な道具





キックボクシングに興味がある方にご覧いただいていると思います。ありがとうございます。

格闘技ジムに興味はあるけれど、なかなか始める勇気が出ないという方も多いかもしれません。

そこでキックボクシングの始め方マニュアルを作成いたしましたので、どうぞご活用ください。





費用について

もちろんジムによって違います。

ですが、私の経験と調べた相場ですと

入会金約1万円
年会費約3,4千円(スポーツ保険など)
月会費約1万円前後

となります。

合計約2.5万円

ジムによっては入会時に翌月分も払うところがあったりしますが、

3~4万円が一番最初にかかる費用になります。






必要な道具とオススメについて


最後に記述します。

最初は運動用の半袖、半ズボン、タオル、水の4つがあれば大丈夫です。

グローブなどジムに置いてあるものを使えるところが多いので、いきなり買う必要はないと思います。






1.ジムについて調べる。

まずは何かを検索してこのページにたどり着いたように、ジムについて調べます。

その際のポイントですが、
・場所
・時間帯
・料金
についてです。



①場所

通いづらい場所であってはいけません。

行かなくなる原因の一つになります。

また、遠すぎる場所も避けるべきです。

その移動時間の分だけ練習時間が減ります




②時間帯

夕方のみ利用可のジムも結構あります。

オススメは午前中の部があるジムです。

午前中は他の会員も少ないのでトレーニングの効率が高いと感じています。

また、午前中だけのジム利用だと、月会費が安いところもあったりします。




③料金

最初に記述いたしましたが、大体の相場です。

パーソナルなどマンツーで個人指導の場所はもっと高かったりもします。

料金についても前もって調べておくと良いです。








2.体験やビジターへ行ってみる。

大体のジムが無料体験や、低料金でのお試しを用意しています。

予約制になっていることも多いので、電話や、メールなどで申し込みましょう。

また、場所によってはビジターがあります。

ビジターとは会員ではないけれど、ビジター料金を支払うことでジムの利用ができるものです。

約3千円程度が相場です。





3.入会する

体験かビジターを終えた後にすることは、入会だけです。

もし他のジムも行ってみたければ、その旨を伝えてステップ1からやり直しです。

ジムについて調べ、体験かビジターへ行く。

これを繰り返すことで、自分にとって良いジムが見つかるはずです。

入会をすぐに決めれない場合、ビジターで何度か行ってみるという手もあります。










4.週1、2は行く、1か月続けてみる

入会後に行うことは、楽しむことと継続です。

ストレッチや、アップ、シャドウ、ミット、サンドバッグ、筋トレ

ひとつひとつ覚えていきましょう。

そして反復して体で覚える。

何事も最初の難関は継続することです。

それは最初ほど上手くいかないこと、出来ないことが多いからです。

しかし、トレーナーやほかの練習生も最初は出来なかったはずです。

いきなり出来るようになるものではありません。

まずは週に1回とりあえず行く。

そうすれば何かしら得るものがあります。

小さくても良いので目標があると良いでしょう。

例えば、一発でいいから良いフォームでミドルキックを蹴るとか、

威力はなくていいから脇をしめて正しいフォームを心がけるとかそんなことで構いません。

このとき目標は小さいほうがオススメです。

小さくても目標の範囲が絞られていたほうが、集中しやすく、達成しやすいのです。






5.3か月続けてみよう

一か月がたつと、キックボクシングによる運動習慣と基礎が頭には入ったはずです。

経験してみたことによって、経験する前とあなたは違っています。

それは、とても楽しい!はじめてよかった!とか、

思ったよりも、体力的にしんどい!自分には向いていないかもしれない!とか、

ケガをしてしまった(させてしまった)、格闘技は恐ろしく危険なものだ!とか

経験によって得たものがポジティブな感情である場合、とくに問題はありません。

この先も楽しくキックボクシングを続けるでしょう。

しかし、経験によって得たものがネガティブな感情である場合、

挫折という壁があなたの行く手を阻みます。

そこでやめるのも一つの道ですが、継続してこそ見えてくるものがあります。

例えば怪我をしてしまった場合、練習に行くのが難しければ休みましょう。

しかし様子を見て治ってきたらまた練習を再開する。

前回の怪我から次は怪我の原因となることに注意を払うようになったり、怪我との付き合い方を学ぶでしょう。

こうしてあなたはまたひとつ前に進みました。

継続があなたを成長させるのです。







6.フィードバックと自分への回答

キックボクシングを3か月以上続けたころには、

肩や、背中、脚に肉体的な変化を感じるでしょう。

また基礎も頭ではだいぶ理解出来てきたはずです。

しっかりと身につくまではもう少し時間がかかるかもしれませんが、

継続することと自身の成長を楽しんでいるのではないかと思います。

経験してみる前と後、継続1か月と3か月、比べてみると良いかもしれません。

自身の考えや体に変化があるはずです。

それは、6か月、1年と継続していくごとに変化していくでしょう。



ミット打ちだけしたいと思っていたが、試合にも出てみたくなった!とか

他のスポーツも興味があるので、ある程度経験したらやめようと思っていたけどもっとキックボクシングが上手くなりたい!とか

そういうものを感じながら今後のことも考えていくと良いでしょう。




最後になりましたが、必要な道具とオススメをご紹介いたします。


①グローブ

ミット用とふたつあると良いです。

ミット用は千円とかそんなので良いと思います。



②バンテージ

手首や拳に巻いて使用します。

2本くらいあったほうが洗濯したやつが乾いてない!とかなくて良さそうです。


③レガース

ジムのを借りるので良いですが、結構汗のニオイがついていることが多いので、

気になる場合は早めに買っても良いかもしれません。



他にもいくつかありますが、最初はジムのものを使い、バンテージとグローブだけ買ってみる。

余裕があったらレガースも、これだけでも十分です。

少しずつ用意していけば良いでしょう。






最後までご覧いただきましてありがとうございます。

以上、キックボクシング始め方マニュアルでした。