PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 様々な壁を乗り越え、仕事やスポーツで成果を出す。

様々な壁を乗り越え、仕事やスポーツで成果を出す。




私たちの前に立ちはだかる様々な壁についてです。

挫折の乗り越え方、そう言い換えてもよいのですが、

物事を失敗したときに、私たちがとるべき手段は決まっていることを

この本はわたしたちに教えてくれています。








それは、考え方を変え、仕組みを作り、行動することです。

大切なのは特別な能力ではなく、この3つです。



例えばそれは、目標の種類や、目標の高さを変えることだったりします。

自分自身変化し続けることも必要でしょう。

世の中は少しづつ変化し、状況も常に変化しています。

ずっと同じものなどないのです。

それに合わせて自身も変化していく、そのためには

同じものの中で変化を見つけることと、新しいものに触れること。

変化することを恐れず、わたしたちは進化していくのです。





まず、私たちがやるべきことは行動することです。

完璧主義の人ほどこの行動するというハードルを高く感じてしまう。

成功率6割程度で構いません。まず、行動するのです。

ある程度いけると思ったら踏み出しましょう。

行動するリスクと留まるリスク、何もせずに正しい判断をすることは難しいでしょう。

私たちが身に着けるべきことは、はじめから完璧にこなすことではない。

何か問題が起きた時にそれをリカバリーする能力です。

何か失敗をしても、その経験から思わぬ事態に対処する術を私たちは学ぶことが出来る。

行動する覚悟を決めた私たちがすべきことは、単純なふたつのことだけです。


1.最初にやるべきことだけを具体的にする。

2.それをいつ実行するか。


これだけです。


もし新しいことを始めたのなら、最低でも三か月は続けましょう。

同じこと残り返しに見えても反復して覚えることは重要です。

たまには気分転換してもよいですが、集中力についてもわたしたちは養うべきでしょう。



こうして何かを継続して行うことを私たちは身に着けました。

3か月経過したら、振り返ってみましょう。

棚卸をするのです。これまでに行ったことの良かった点、悪かった点など

自分の中で整理していきます。

こうすることで、私たちが次にしなくてはならないことを再確認することができるでしょう。




私たちの行く手を阻む様々な壁、

どうやら多くの場合、それらを作り出しているのは自分自身であり、

まずやるべきは行動することだとわたしたちは学びました。





【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...