PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 重要視される知的生産性、お金を集める技術を手に入れる。

重要視される知的生産性、お金を集める技術を手に入れる。



情報化の進展によって私たちに求められるのは知的生産性です。

消費の中心はモノからコトへ、人にとって役立つもの、良い気分になれるものへと

富が集中しているのが今の時代です。


コンテンツをアウトプットすることのウエイトが高まっていく中で、

私たちがしなくてはならないことについてとその技術を学ぶ。

それが、読む、考える、書くことです。





知的生産力とは、情報をお金に換える力という意味です。

そのために、情報のアウトプットをどのように行うかということが課題となります。

ここで面白いことがあるのですが、アウトプットを行うことで

インプットが増えるということです。


インプットとアウトプットの関係は呼吸のようなものです。

順番としてはまずアウトプットを行います。




私たちにとって一番身近なアウトプットは書くことではないでしょうか。

自分が好きなことや得意なことについて書いてみましょう。

そうすることで、書く力が養われます。

文章を書くということは、情報を編集する力です。

情報とはお金です。わたしたちはお金を集める第一歩を踏み出しました。





書くことで次に私たちが行うべきは、情報の説得力や付加価値を上げることを学びます。

もっと情報を集めようとする。

自分の価値観や、考え方以外の視点を取り入れることで、

今までの自分になかったものを学び、幅を広げます。

これを繰り返すことで表現したいことが増え、アウトプットが尽きることはありません。




考えるとはアウトプットすることです。

私たちは考えもなしに、文章を書くことは出来ないでしょう。

したがって、私たちは何かについて文章を書くとき、そのことについて考えなくてはならない。


ただし、ここでもアウトプットを先に行います。

書かなくてはならない状況を先に作り出し、書かなくてはならないので考えることになります。


文章を書くには本を読むべきです。

書くためには読む、読むから書けるのです。

本を読むことで私たちは意識しなくても文章や表現について学ぶことが出来ます。




知的生産性と、技術について正しく理解することで、

私たちの中で情報をお金に換える力が目を覚まします。