PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 行動する自分になれる!行動する哲学

行動する自分になれる!行動する哲学




行動することは良いことです。

行動することは何もしないことより良く、頭で考えたり計算したりするよりも良い。

今回は行動することの重要性についてご紹介致します。

よろしければどうぞご覧ください。





1.行動すること




行動することとはわたしたちが何か実際に物事を行うことです。

それは考えを行動に移すこと。わたしたちが動くことで物事を形にすることです。





2.行動はなぜ大切か理解する。




どんな素晴らしいアイデアや考えも形にしなければただの妄想です。

わたしたちは本を読んだり、素晴らしい話を聞き感銘をうけたりする。

しかし、そこで終わってしまってはいけません。

その後、行動するということがわたしたちにとって一番重要なのです。

情報を得ることは、行動を起こすきっかけにすぎません。

情報を得るということが本質ではなく、行動を起こすために情報を得るのです。

良い本を読み、ためになる話を聞き行動する。

インプットがあればアウトプットする。

アウトプットするためにインプットするとも言えます。

何か情報を手に入れても行動しなければ、それは何も得ていないことと同じなのです。

わたしたちは実はわたしたちが自分で思っている以上に何もしていません。

わたしたちは行動しなければならない。





3.出来ることをすぐに始める。行動に移す。




いまできること、それをいまはじめましょう

何かを始めるとき、わたしたちは下調べやリサーチを入念に行う。

調べれば調べるほど新たに下調べをしなくてはならないことが増え、永久に何かを始めることはない。

この問題を解決するのは思いのほか簡単です。

まずは行動してみることです。

行動を起こす前に下調べをしたり、あらゆる可能性について考えておくことは良いことです。

しかし、いつまでも行動に移せないまま時間だけが過ぎていく。

わたしたちが考え、知らなければいけないことが多ければ多いほど行動することは失われていきます。

そして行動するために使うことが出来る時間は0になってしまう。

わたしたちがするのはいますぐに行動を開始することだ。





4.結論



行動をすることで物事を形にする。
今すぐ行動する。

ということを意識しましょう。

行動することで自分の考えやアイデアを形にする。

行動することでどのような結果が起こるか検証し、修正する。

頭で考えるのではなく、自分から行動を起していきましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。




【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...