PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 早起きは三文の徳。早起きと生産性の真実

早起きは三文の徳。早起きと生産性の真実




早起きは三文の徳という言葉があります。

朝早く起きると良いことがあるという意味でつかわれる言葉。

早起きすると良いことがあるのはなぜなのか解説致します。

よろしければどうぞご覧下さい。


スポンサーリンク




1.早起きするをすると良いことはあるのか




早速本題についてお答えさせていただきますが、

早起きをすると良いことはあります。

なぜ早起きをすると良いことがあるのでしょうか。




2.早起きをするメリット




朝は眠たいものです。

眠たい頭と体を起こすことはつらいことかもしれません。

早起きしても頭はぼーっとするし、何かをやる気力も起きないでしょう。

しかし、意外なことにわたしたちの脳みそは朝が一番冴えているのです。

睡眠によって脳みそでは情報が整理され、朝一番が脳みそはとてもクリアな状態です。

勉強や仕事が一番捗るのも朝一番ということになります。

早起きをすることによって、朝の頭が冴えているうちに頭を使うことを終わらせてしまうのです。

これが、早起きすると良いことがあると言われている理由です。





3.早起きをして朝一番を有意義に過ごしましょう




朝早く起きたからと言って、ダラダラとテレビやネットを見たり、ゲームをしても良いことはありません。

朝早く起きること、それ自体にそれ以上の意味はありません。

重要なのはただ朝早く起きることではなく、朝の生産性が高い貴重な時間を確保、捻出することなのです。

わたしたちは自分たちにとっての朝時間(あさじかん)の使い方について見直す必要があるかもしれません。

早起きをして生産性の高い朝時間(あさじかん)を有意義に使いましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。



スポンサーリンク





【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...