PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: さまざまな関りをもった生き方、価値観と個性と意思疎通

さまざまな関りをもった生き方、価値観と個性と意思疎通


Coronavirus, コロナ, 検疫, 絶縁, 保護, ウイルス, パンデミック, 流行, 病気, 感染症
世の中には色々な人が暮らしています。

人はそれぞれ違った考えや感じ方をするものです。

色々な人たちと関りを持ちながら暮らしていくためにわたしたちに必要なこと。

よろしければどうぞご覧ください。


スポンサーリンク






1.広い視野を持つ


社会には色々な人がいます。

ひとは皆、それぞれ違った考えや価値観を持っています

それは生まれ育った環境や経験してきた出来事、そこで何を感じてどう考え行動したか。

あらゆる違いがわたしたちの個性を作り出します

そんな個性的なわたしたちが他者と関りを持ちながら暮らしていくことは思っているより簡単ではありません。

なぜなら、物事の善悪さえ人によっては受け止め方が違う場合があるのです。

自分が良いと思っていることが、ある人によっては悪いことであったりする。

わたしたちは自分の物差しですべてを判断することをやめなくてはなりません。

広い視野で物事を捉えるよう心がけましょう。






2.理解を示す


チューリップ, 花, 花のベッド, スプリング, 自然, 植物, ブルーム, フローラ, 花草原, カラフル
わたしたちが他者と関わるのに必要なことは相手に理解を示すことです。

わたしたちは他者がどのように考えてどのような行動をとるのか知る必要があります。

その人がどのような人間なのかその人自身に教えてもらう必要があるのです。

このように双方がお互いの違いを理解していくことで意思疎通が可能になります

相手に理解を示すことを心掛けましょう。


スポンサーリンク







3.意思疎通


さまざまな個性を持つわたしたちが関りを持ちながら暮らしていくには、

わたしたち一人一人が自分と相手の違いを認めること。

相手を理解するように努めた言動をすることが必要です。

自分はこう思うから相手もこのように考えるはずだ。というようないい加減なものではなく、

お互いの違いを認め合ったうえで意思疎通していくということが重要なのです。

様々な価値観、様々な個性を尊重しながら暮らしていきましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。







【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...