PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 要らないものを手放して余裕をもち身軽な人生を送る

要らないものを手放して余裕をもち身軽な人生を送る


Iphone, Iphone 6, Iphone 6プラス, アップル, 白い机, デスク, 花, 黄色の花

身軽な人生を送るのは気持ちが良いものです。

わたしたちはあまりに多くのものを持ちすぎています。

多くのものがわたしたちを幸せにしてくれると思っているからです。

しかし、これからわたしたちが目指すのは少しのもので幸せを感じる生き方です。

よろしければどうぞご覧ください。


スポンサーリンク







1.要らないものを手放す


要らないものを手放すことは重要です。

わたしたちの人生は荷物がたくさん詰まったカバンのようなものです。

多すぎる荷物は人生という旅を不快なものにしてしまいます

そして、カバンには容量があります。

カバンに入れることが出来る量には限度があるのです。

要らないものが入っているとその分だけ他のものが入らなくなってしまいます

以前は大切だったけど、今の自分には必要ないものもあるはずです。

今の自分に必要なものを新しく手にするには、今はもう必要ないものを手放す必要があります

要らないものを手放して新しい自分になる準備をしましょう






2.身軽な人生を送る


鉛筆, 指摘した, 上のヒント, オフィス, 事務用品, 廃棄, 耐摩耗性, ごみ, 黒鉛, 木, 素材
要らないものを手放すことで新しく必要なものが手に入ります

新しいものを手に入れるには常に身軽である必要があります。

人生においての身軽さとは余裕を持つことでもあります。

余裕を持つということは物事への執着を捨てることです。

執着することをやめて要らないものを手放すことで人生に身軽さと余裕が生まれます。


スポンサーリンク





3.新しい自分になる


多くの物事はわたしたちを幸せにしないだけでなく、人生を不快なものへ変えてしまいます

必要のないものは手放すこと、執着を捨てて人生に余裕を持ちましょう。

身軽に生きることで、新しく様々な物事に出会います。

新しい経験を通して新しい自分に生まれ変わります。

要らないものを手放して身軽な人生を送りましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。






【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...