PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 亡くなった人と話しませんか/スピリチュアル テラー サトミ/幻冬舎、目の前のことを一生懸命やること

亡くなった人と話しませんか/スピリチュアル テラー サトミ/幻冬舎、目の前のことを一生懸命やること








亡くなった人はわたしたちのすぐ傍にいて、生きるヒントやメッセージをくれたり、わたしたちを見守ってくれていると言います。


著者のサトミさんは、「他の人には聞こえない声」を聞いたり、「亡くなった方からのメッセージ」を受け取る力をもって生まれスピリチュアルテラーとして活動をされています。



著者によると、「ひとは皆、役割をもって生まれてくる。」と言うのですが、わたしもこの考えに同意見を持っています。


「生きることはその役割を果たすこと」であるなら、「人の命は役割を果たして終わるもの」と考えることが出来るので、


著者の言われている、「死は必ずしも悲しく不幸なものではない」という主張をスッキリ受け入れることが出来ました。





人は死後どうなるのか、生きることと死ぬことについての全体像を掴んで、よりよく生きるためのヒントをわたしたちは本書から授与します。


「ひとは役割をもって生まれる」ということについてですが、「自分の得意なことや好きなこと」は「役割や使命」に関わることだと私は考えます。


本書に書かれている、役割や使命が分からなくても、自分が今出来ることに集中すること、目の前のことを一生懸命やることでたどり着けるという考えにも同感です。





時間は一秒も止まることはありません。どんな状況でもわたしたちは未来に向かって進んでいます。


今をいきいきと、思い残しのない人生を過ごすことがいまを生きるわたしたちにとっての役割のひとつではないでしょうか。



亡くなった人と話しませんか/スピリチュアル テラー サトミ/幻冬舎


ぜひご覧下さい。



【書評】コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える/冨山和彦/文藝春秋、わたしたちの生き残りと変容計画

  コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える 著者 : 冨山和彦 文藝春秋 発売日 : 2020-06-24 ブクログでレビューを見る» 合理的に機能しなくなったと言われている日本企業。 本書は これからの時代を生き残るための日本企業の変容...