PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 【書評】2060 未来創造の白地図 人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる/川口伸明/技術評論社

【書評】2060 未来創造の白地図 人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる/川口伸明/技術評論社




本書は2030年頃~60年頃までの未来について書かれています。


科学技術的エビデンス(根拠)を集めて書かれていますので、現時点で実現可能性の高い内容になっているのが特徴です。


有望成長領域、解決すべき社会課題や研究プロジェクトなども紹介されています。


これからの社会で必要とされる事業を見つけるきっかけにもなるかもしれません。



本書を一貫して流れているコンセプトは、「リアルとバーチャル、サイバーとフィジカルの一体化により、人の可能性はますます広がる。そのためには、ヒトの相棒としてのAIは必然であり、ともに歩んでいく」ということです。(引用、2060 未来創造の白地図 人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる/川口伸明/技術評論社)



センシングとデータ、AI技術無しにわたしたちは未来を生きることが出来ません。


人間だけでなく、都市、車、あらゆる製品がセンサーとデータ、AI技術を使用して相互作用するようになると言います。



そして、技術を支えるエネルギーや環境問題も同時に考えなくてはなりません。


再生可能エネルギーや環境負荷低減など課題は多くありますが、すべては未来を良くするために必要なことです。



わたしたち一人ひとりに出来ることは多くないかもしれませんが、消費や、投資、経済活動を通じて、良い未来をつくる手助けをすることは出来るのではないでしょうか。



そのためにわたしたち一人ひとりが社会について考え行動していくことが必要です。



2060 未来創造の白地図 人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる/川口伸明/技術評論社


是非ご覧ください。






【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...