PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 【書評】株「デイトレ」の鬼100則、石井勝利/アスカ、不安定な世界でこれからわたしたちに求められること

【書評】株「デイトレ」の鬼100則、石井勝利/アスカ、不安定な世界でこれからわたしたちに求められること

 



株式投資にはデイトレードと言う、超短期の投資スタイルがあります。

1日の間で売り買いを行って利益を得るトレード法がデイトレです。


本書ではデイトレの100則が紹介されています。

チャートとロウソク足、板情報、出来高と材料や地合いなど、ーについての考え方を学ぶことが出来ます。


本書で一貫して語られていることは、「押し目で買い、吹いたら売る」ということです。


仕込みで負けないことが全て デイトレで勝ち切る第一の基本は「負けないこと」である。買うポイントを常に有利に置かなければならない。慌てて仕込めば、含み損の憂き目に遭い、損がどんどん膨らむ。(引用、株「デイトレ」の鬼100則/石井勝利/アスカ)


この考え方は「いつ買って、いつ売るか」を判断するヒントとして、他の投資スタイルにも必要な考え方ではないでしょうか。


「株は買うときに利益が出る」と言われています。


5分足の相場に慣れ、デイトレードについて理解することは今まで以上に利益を大きくすることにも繋がります。



何が起こるかわからないような不安定な市場では長期投資の難易度は上がります。


世界が不安定な今、そしてこれからもデイトレやスイングを上手く切り替えて不安定な市場を攻略することがわたしたちに求められます。



株「デイトレ」の鬼100則/石井勝利/アスカ


是非ご覧下さい。




【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...