PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキングへ SILKROAD: 【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

 




「教養として投資家の思想を持つこと」がビジネスにも繋がるという著者は言います。


奥野一成、農林中金バリューインベストメンツ株式会社 常務

取締役兼最高投資責任者(CIO)



時間から時間まで自分の時間や体を使ってお金を稼ぐのが「労働」です。


お金の話で、日本は「労働以外のことでお金を稼ぐ」ということがあまり浸透していないと言われています。



「労働せずにお金を稼ぐ」というのは楽して金儲けすることではなく、「頭で考え、自分以外のリソースも使って成果を出す。」という資本家の考え方を表したものです。



自分は一人しかいません「時間も体力も限られている労働」で、お金を得るのには限界があります。


株式投資を通じて、「労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する」ということが本書の伝えたいことのひとつだと感じました。



私自身が投資家なのでよく分かるのですが、投資は額に汗することはないかも知れませんが、脳みそは常に汗をかいています。とにかく考えて考えて考え抜いたうえで、投資判断を下しています。決して不労所得を得ているわけではありません。脳みそに汗をかくことは、額に汗をかくことと同等に尊いことを忘れないで下さい。(引用、ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社)



そして、本書の5時限目、売らない株を買えばいいということについて、参入障壁のお話があります。長期投資に必要な考え方や視点のひとつとして、この参入障壁の考え方は非常に重要だと感じます。



他にも長期投資に必要な考え方や、世界の見方がビジネス性を向上させるということが特徴の本書

詳しくは是非内容をご確認ください。




ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社




【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成/ダイヤモンド社、労働者の考え方から資本家の考え方へ移行する

  ビジネスエリートになるための 教養としての投資 著者 : 奥野一成 ダイヤモンド社 発売日 : 2020-05-28 ブクログでレビューを見る» 「教養として投資家の思想を持つこと」 がビジネスにも繋がるという著者は言います。 奥野一成、農林中金バリューインベ...